憂鬱 解消

うつ治療 抗うつ薬も時代とともに進化する

 

うつ病の治療薬の進歩はすごいなぁ…と20年近くうつ病患者である私は思います。

 

最初にうつ病に罹ったのは大学3年の時でした。
この時のうつ病治療薬の主流は三環系抗うつ薬でした。
私が最初に出された薬がトフラニールで、当時のうつ病治療薬のメジャーどころでした。

 

しかし、口が渇いたり、眠気が出たり、いろいろと副作用も多い薬でした。

 

その後、ルボックスやパキシルなどのSSRIの薬が出てきました。
これも私は長いこと飲んでいました。
最初のうちに食欲が落ちる程度の副作用ですが、急にやめると反動で気分が落ちたり、落ちすぎて自殺を考えたりしてしまう危険性も唱えられていました。

 

それから、私が飲んだ期間は短かったですが、SNRIも開発されました。

 

現在私は、SSRIですが比較的新しく認可されたジェイゾロフトを飲んでいます。
眠気も特に感じないし、不必要に喉が渇くことないので、とても使いやすくなったなぁと思います。

 

 

うつ病を克服できる人気ランキング

うつ病、不眠など、心の問題を解決「マインドガードDX」サポート飲料

マインドガード

うつ病で心が安定しない原因は「セロトニン」不足!?
でも、セロトニンの生成に欠かせない栄養は
体では作り出せないので、
食事でしっかりと摂る必要があります!
食事だけでセロトニンをしっかり補うのは
いまの食生活を変える必要があるから大変です。
マインドガードを飲めば、
セロトニンに必要な栄養素を
がっちり摂取することができますよ!

精神安定剤、睡眠薬が不要になる「セロトアルファ」サプリメント

セロトニンと大麦醗酵酵素で社会で生きぬく力を!
その不調、ストレスが原因かもしれません。
セロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンが不足してうつ病になっている可能性があります。
特に「うつ病」はセロトニン神経の活動が弱ってセロトニンが不足するために起こるんです。
セロトアルファを飲んでセロトニンを体内で生成させて、元気に生活しませんか?