憂鬱 解消

うつアルコール うつ病治療 抗うつ薬の注意点

 

今回は、抗うつ薬を服用する際の注意点について書きます。

 

1.効果がすぐに出なくても焦らない
最近よく使われている、SSRIやSNRIといった種類の抗うつ薬は、服用を開始してから効果が出るまでに時間がかかるといった特徴があります。また、飲み始めは逆に症状が重くなったと感じることもあります。これらは薬の特性であって、症状が悪化したわけではありません。そのことを理解し、焦らずに服薬を続けましょう。

 

2.アルコールは禁忌
アルコールには、抗うつ薬の効果を倍増させる相乗効果があります。そのため、薬の効き目が強くなりすぎ、身体に負担がかかります。また、アルコールは睡眠の質を悪化させるため、健康の観点からもうつ病治療にはよくありません。

 

 

以上のようなことを守って、十分に気をつけて服薬してください。

 

 

うつ病を克服できる人気ランキング

うつ病、不眠など、心の問題を解決「マインドガードDX」サポート飲料

マインドガード

うつ病で心が安定しない原因は「セロトニン」不足!?
でも、セロトニンの生成に欠かせない栄養は
体では作り出せないので、
食事でしっかりと摂る必要があります!
食事だけでセロトニンをしっかり補うのは
いまの食生活を変える必要があるから大変です。
マインドガードを飲めば、
セロトニンに必要な栄養素を
がっちり摂取することができますよ!

精神安定剤、睡眠薬が不要になる「セロトアルファ」サプリメント

セロトニンと大麦醗酵酵素で社会で生きぬく力を!
その不調、ストレスが原因かもしれません。
セロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンが不足してうつ病になっている可能性があります。
特に「うつ病」はセロトニン神経の活動が弱ってセロトニンが不足するために起こるんです。
セロトアルファを飲んでセロトニンを体内で生成させて、元気に生活しませんか?