うつ病 症状 経過

 

うつ病症状経過

うつ病まであと一歩と言われて

私はただ今学生をしていますが、これは働いていたときの体験談です。入社当時、私は周囲に比べてスキルも低く、とにかく周りに追いつけるように時間でカバーしていました。毎日、日付が変わるまで働き、月の残業時間が100時間が超えることもしばしばでした。

 

そんな中、2年目の半ばにして大きなプロジェクトを任されたのですが、今まで先輩の言うことを聞いているだけだった状況は一変し、あらゆる部署の人たちと関わり、自ら判断し、そして自ら責任をとるという立場になりました。

 

 

そんな立場になってから半年ほどで少し異変が起き始めました。全く眠れなくなる日が出てきたのです。3日、4日続いて体力の限界が来て眠ることができ、またある程度経過すると眠れなくなり・・・の繰り返しでした。

 

その次は体の痛みでした。夜中寝ている途中で背中に痛みが走り、そこからはもう痛みで寝れませんでした。そんな日々が続いていたのですが、3年半ほど働いたある日実家の事情から仕事を辞めて大学受験をすることになりました。

 

仕事を辞めてから症状は改善されたのですが、医者の友人に後程聞いたところそれはうつ病の一歩手前だったのだろうと言われました。あのまま通院もせずに仕事を続けていたら、と思うとゾッとしました。

 

 

 

うつ病を克服できる人気ランキング

うつ病、不眠など、心の問題を解決「マインドガードDX」サポート飲料

マインドガード

うつ病で心が安定しない原因は「セロトニン」不足!?
でも、セロトニンの生成に欠かせない栄養は
体では作り出せないので、
食事でしっかりと摂る必要があります!
食事だけでセロトニンをしっかり補うのは
いまの食生活を変える必要があるから大変です。
マインドガードを飲めば、
セロトニンに必要な栄養素を
がっちり摂取することができますよ!

精神安定剤、睡眠薬が不要になる「セロトアルファ」サプリメント

セロトニンと大麦醗酵酵素で社会で生きぬく力を!
その不調、ストレスが原因かもしれません。
セロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンが不足してうつ病になっている可能性があります。
特に「うつ病」はセロトニン神経の活動が弱ってセロトニンが不足するために起こるんです。
セロトアルファを飲んでセロトニンを体内で生成させて、元気に生活しませんか?